教員紹介

公共政策学専攻 市民社会ガバナンスコース

間島 正秀教授

【専門分野】
行政学、地方自治論、政策過程論
【研究テーマ】
自治行政・政策研究、分権改革と政府間関係、地域経営、近隣自治
【担当科目】
自治体経営論
【学会活動
 ・社会活動】
日本行政学会、自治体学会、日本自治学会
消防育英会奨学生選考委員会委員等
【略歴】
自治省・総務省、北海道大学法学部教授、日本都市センター研究室長等
最近の著書・論文
『行政経営の新たな取組み』(監修・共著)2013、自治総合センター
『自治体における多様な危機への対応』(監修・共著)2010、自治総合センター
メッセージ

『院生相互の「異職種交流」により、公共問題への理解を広げ、かつ、深めること』
本研究科には、様々な職業や業種に属する多様な院生が集まってきます。この貴重な機会を活用して相互に刺激を受けたり与えたりして、自らの研究テーマと問題意識をブラッシュアップしていきましょう。