教員紹介

サスティナビリティ学専攻

藤倉 良教授

【専門分野】
国際環境協力、環境システム科学、開発援助、環境リスク、環境政策
【研究テーマ】
ダム開発、住民移転、環境政策過程、開発途上国、政府開発援助
【担当科目】
環境工学の基礎、地球環境学基礎、国際環境協力論
【学会活動
 ・社会活動】
中東欧環境協力センター(本部:ハンガリー)理事
学術振興会が交付する補助金等の審査委員
大田区環境審議会会長(2013年度まで)
環境省が行う気候変動対策事業に関する各種委員
環境科学会理事
【略歴】
1984 年~1995 年:環境庁(現:環境省)に技官として勤務
1990 年~1992 年:海外経済協力基金(現・国際協力機構、JICA)に環境担当として出向
1995 年~1999 年:九州大学工学部助教授
1999 年~2003 年:立命館大学経済学部教授を歴任
最近の著書・論文
Tetsuo Kida and Ryo Fujikura (2015) Pollution Risks Accompanied with Economic Integration of ASEAN Countries and the Fragmentation of Production Processes, International Journal of Social Science Studies, Vol.3, No.5, DOI: 10.11114/ijsss.v3i5.915
Kanako Mukai and Ryo Fujikura (2015) One village one product: evaluations and lessons learnt from OVOP aid projects, Development in Practice, 25:3, 389-400, DOI: 10.1080/09614524.2015.1020763
Ryo Fujikura and Mikiyasu Nakayama (Editor) (2015) Resettlement Policy in Large Development Projects, Routledge, Oxford
Tetsuo Kida and Ryo Fujikura (2014) A chance in Myanmar induced by the minimum wage policy in Thailand: A case study of Myawaddy industrial area, International Journal of Social Science Studies, Vol.3, No.1, pp.38-46
Ryo Fujikura and Mikiyasu Nakayama (2013) The long-term impacts of resettlement programmes resulting from dam construction projects in Indonesia, Japan, Laos, Sri Lanka and Turkey: a comparison of land-for-land and cash compensation schemes, International Journal of Water Resources Development, Vol. 29, No. 1, March 2013, 4–13
メッセージ

『論文作成は知的格闘技』
社会人と大学院生の二足の草鞋は大変なことです。けれども、それを乗り越えてオリジナルな論文を書き上げる喜びと充実感には特別なものがあります。挑戦してみてください。