教員紹介

公共政策学専攻 市民社会ガバナンスコース

田口 博雄教授

【専門分野】
金融論、経済政策、スイス地域政策
【研究テーマ】
日欧金融政策の比較、スイスの地域振興政策
【担当科目】
金融システム論
【学会活動
 ・社会活動】
金融学会、静岡県金融アドバイザー
【略歴】
日本銀行に30 年間勤務、この間、経済企画庁、国際機関(BIS)への出向。
また、松山および静岡の日銀支店長として、地元企業や行政と密接に交流。
最近の著書・論文
「金融政策運営環境としての政治およびメディア:1980 年前後のドイツのケース」[2015]、『社会志林』第62 巻第1 号、法政大学社会学部
「スイスにおける新地域政策の運営状況についてーNeuchâtel 州を中心とした実地調査をつうじた考察―」[2014]、『地域イノベーション』第6 巻第1 号、法政大学地域研究センター
メッセージ

『エコノミスト的な視点で一緒に考えましょう』
経済政策に限らず、様々な政策について考えてみる際に、エコノミスト的な視点は有力なアプローチ方法です。現代社会の多様な問題に一緒に取り組みましょう。