教員紹介

サスティナビリティ学専攻

渡邊 誠 教授教授

【専門分野】
計算科学、物性論、非線形力学
【研究テーマ】
カオス・フラクタルの数理と応用、環境問題の熱力学的考察、集団運動と自己組織化現象
【担当科目】
数理モデル
【学会活動
 ・社会活動】
日本応用数理学会会員、日本物理学会会員
千代田区地球温暖化対策推進懇談会委員
【略歴】
(元)市ヶ谷地区環境管理責任者、(元)人間環境学部長、(元)市ヶ谷情報センター長
最近の著書・論文
Dynamics of group motions controlled by signal processing: A cellular automaton model and its applications, Communications in Nonlinear Science and Numerical Simulation (Elsevier), Vol.11, 2006, pp.624-634.
An extension of optimal-velocity model and dynamical transition in congested phase I & II, Far East Journal of Dynamical Systems, Vol.16, 2011, pp.71-86 & Vol.17, 2011, pp.1-15.
Traffic dynamics and congested phases derived from an extended optimal-velocity model, Engineering, Vol.6, 2014, pp.462-471.
メッセージ

「持続する」を科学しよう(物質・エネルギーの保存と拡散という自然法則の観点から)』
課題解決のための政策を模索するには、高い専門性は勿論のこと様々な現象を科学的に捉え複眼的に考察する柔軟性が必要です。研究を通して皆さんと語り合えることを楽しみにしています。