教員紹介

公共政策学専攻 公共マネジメントコース

渕元初姫教授

【専門分野】
比較政治学、コミュニティ政策、福祉政策
【研究テーマ】
ポスト福祉国家時代における市民社会論、地域社会と社会的包摂、英国・スコットランドの地方自治・自治体内分権
【担当科目】
政策学基礎、政策学研究、市民社会とコミュニティ、公共哲学研究
【学会活動
 ・社会活動】
日本公共政策学会、コミュニティ政策学会、日本政治学会、日本比較政治学会
【略歴】
法政大学大学院政治学研究科博士後期課程修了。法政大学法学部非常勤講師などを経て、2016年4月より現職。
最近の著書・論文
「スコットランドの地域評議会-制度の基本的構想とその機能の実際」名和田是彦編(2009)『コミュニティの自治-自治体内分権と協働の国際比較』pp.81-118、日本評論社
「スコットランドにおける権限移譲とジェンダー・クオータ」三浦まり・衛藤幹子編著(2014)『ジェンダー・クオータ-世界の女性議員はなぜ増えたのか』pp.203-26、明石書店
メッセージ

『公共政策学に挑戦する』
公共政策学はとらえどころのない学問ですが、だからこそ学び甲斐のある学問であるといえるのではないでしょうか。日々の生活や現場で感じた素朴な疑問や熱い想いを学問という共通の言葉で表すために、一緒に学んでいきたいと思います。