教員紹介

サスティナビリティ学専攻

北川 徹哉教授

【専門分野】
環境流体、気象社会論、天候デリバティブ、流体関連振動
【研究テーマ】
強風の社会への影響と対策、金融工学的手法によるリスク回避、数値流体解析
【担当科目】
大気人間環境論
【学会活動
 ・社会活動】
日本風工学会編集・広報委員会幹事
日本風工学会運営学術委員会委員
日本鋼構造協会鋼構造と風小委員会委員
土木学会構造工学委員会構造工学論文集編集小委員会幹事長
第22 回風工学シンポジウム運営委員会幹事
【略歴】
東京大学大学院工学系研究科博士課程中退、日本大学理工学部助手、名古屋大学エコトピア科学研究所准教授、法政大学人間環境学部教授
最近の著書・論文
淡路花博2000 に導入された天候デリバティブについての一考察,第23 回風工学シンポジウム論文集,pp.19-24,2014.
あるレジャー施設の入場料収益変動に対する風速デリバティブの試み,第22 回風工学シンポジウム論文集,pp.31-36,2012.
走行する自動車まわりの圧力を利用した高速道路トンネルの換気補助,構造工学論文集,Vol.57A,pp.611-618,2011.
Flow-force relationship for two staggered circular cylinders with low angle of incidence, Journal of Structural Engineering, JSCE, Vol.54A, pp. 411-419, 2008.
Numerical investigation on flow around circular cylinders in tandem arrangement at a subcritical Reynolds number, Journal of Fluids and Structures, Vol.24, No.5, pp.680-699, 2008.
自動車励起ガストエネルギーを利用した発電の試み,日本風工学会論文集,Vol.32,No.2,pp.87-92,2007.
メッセージ

『多様性のおもしろさを味わってください』
ここには様々なバックグラウンドを持つ教員と学生がいます。これまでの自分の経歴や経験に閉じこもらず、教員からも他の学生からも吸収することを楽しみましょう。